RSS

【風水検証】空き店舗を探しに行きました!

風水鑑定,大阪,神戸,高槻

こんにちは!

高槻の風水専門店石羅の小林です。


昨晩はお客様のご依頼で【空き店舗風水調査】に出かけていました。


石羅では風水を使って貸店舗、貸事務所、売家、売地などを一緒に
お探しするサービスをさせて頂いています。


先日もご紹介させて頂きましたように、同じオーナー様、同じような立地、
同じ業種、同じサービスでも風水の影響によって、お店の売り上げ、経営状態、
更にはオーナー様又は責任者様の健康状態等にも影響が出る事があります。


一緒にお探しする時は、巒頭風水(らんとうふうすい)という周辺環境から
鑑定して行きます。

例えば・・・この店舗。



真上から確認するとこんな感じになります。



【路冲屋】と言って、風水の中でも有名な形煞(けいさつ)の一つにあたります。
形煞とは・・・悪影響を与える立地や形。

象意(受ける影響)として、精神的な混乱を招き、破産や病気にかかりやすくなると言われます。

実際にこのテナントも、早々に閉店してしまいました。


巒頭風水で合格ラインであれば次に【玄空飛星派風水】を使い建物の築年を調べ
店の入り口に凶星が来ていないか。
その他の吉星が、使いやすい位置に配置されているかの確認をします。




1階が店舗になっている物件。

巒頭風水は、決して良いとは言えませんが悪くない状態・・・。


ですが、案の定、過ぎ去った吉星が玄関に向いています。


恐らく2003年までは良かったのではないでしょうか?


2004年以降、衰退の星が出入口に来ていました。



実際に栄えているお店の玄関にはお金の流れを左右する星の中で良い星が
来ている事がホント多いですね。


逆に、お店に元気がなかったり、閉店してしまうお店には凶星が来ている事が多いです。


ある意味、この凶星の効果は絶大です・・・^^;


ちなみに、このような風水の条件の悪いお店には運のバイオリズムが低迷している
時に場所探しをされている方が多いです。

好調な時には、良い物件と出会え、低迷期には良い物件に出会うのが難しいようです・・・。


一、命 二、運 三、風水


自分の命運を知り、風水の良い物件に住む。


まさに、開運の必須条件ですよね。


さぁ!良い物件が見つかるまで探し続けるぞ!!

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: